川魚ハイツへようこそ!!~川魚飼育日誌~
個性豊かな日本淡水魚たちが暮らす「川魚ハイツ」。その住民たちを紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
蓋の自作
ここのところずいぶん気温が上がってきましたね。
どうやらもう梅雨入りだそうで・・・、そしてそのあとに待っているのが夏。
水槽の魚たちにとって一番過酷な季節がもうすぐやってきます。
水温はすでに25℃近くにまで上昇。

そんな訳で夏の水温対策の一つとして、「網フタ」の自作を試みました。
現状のガラス蓋を通気性のいい網に替えれば、ちょっとはマシになるのではないかと・・・

考えた手順は
1.水槽に合わせた「枠」を作る。
2.その枠の内側に何らかの網を付ける。

まずは枠。素材に選んだのは
20110523_1
「ポリカプラダン」。ポリカーボネート製で、段ボールのように中空構造になっているボードです。

これを水槽に合わせて切り出します。
20110523_2
ちょっと力が要りますけどカッターで切ることができます。

中をくりぬいて、外枠完成。
20110523_4

次にこの内側に網を張る訳ですが・・・網選びにはかなり苦労しました。ホームセンターや100円ショップを廻りましたがなかなかこれ!!というのがなく・・・

しょうがなく採用したのはこれ。
20110523_5
ちょっと分かりにくいですが「大物用洗濯ネット」です。写真ではすでに切りかけていますが・・・
<乾燥機可>の商品を選びました。多少でも熱に強いんではないかと。

ネットをハサミでバラし・・・
20110523_3

結束バンドで枠に固定。
20110523_6
そうとうやっつけですが一応これで完成。

20110523_7
20110523_8

う~ん、ちょっと見た目イマイチかな。自分的には50点くらいのデキ。

この水槽は照明がLEDだからいいですけど、蛍光灯だと熱でやられそうです。


スポンサーサイト

テーマ:川・河・池・沼の生き物達 - ジャンル:ペット

バックスクリーン
ここのところ寒くてガサガサに行く気も起きないので、家でちまちま工作してみることに。

うちの水槽にはバックスクリーンが貼ってあるのですが・・・
スクリーン1
スクリーン2
スクリーンってどうも綺麗に貼れませんよね。どうやってももとのクセが取れないし・・・
ていうかどうしてことごとく小さくロールされた状態で売っているんでしょう!?

まぁあえて後ろを覗かない限り分からないし、気にしなければそれでいいんでしょうけど・・・
しかしどうしても気になってしょうがないので、どうにかしてみることに。

要するに硬い板状のものならいいんだろう、ということでホームセンターでこんなのを買ってきました。
スクリーン3
プラスチックダンボール、「プラダン」というもの。
スクリーン4
プラスチック製で、ダンボールのように中空構造になっています。
適度に硬くて、水に強くて加工しやすそうだったので選びました。

水槽に合わせて寸法を採り、カッターで切ります。
スクリーン5
普通のカッターで簡単に切れました。

両面テープを四隅に貼って・・・
スクリーン6

はい、完成。
スクリーン7

2つの水槽のうちひとつは青、もうひとつは黒を使いました。
スクリーン8
スクリーン9

まぁまぁのデキですが、ダンボール状なだけにシマ模様が見えて、それがちょっとダサいかな・・・
黒のほうがシマが目立たないので、そちらのほうがよかったですね。

テーマ:川・河・池・沼の生き物達 - ジャンル:ペット

copyright © 2005 川魚ハイツへようこそ!!~川魚飼育日誌~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。