川魚ハイツへようこそ!!~川魚飼育日誌~
個性豊かな日本淡水魚たちが暮らす「川魚ハイツ」。その住民たちを紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
何を怒っているの?
 先日トウヨシノボリを何匹か補充したのですが、そのうちの1匹がなんだか変なのです。

口開けヨシノボリ

 同種の魚に対して大きく口を開けて威嚇するのはヨシノボリにはよく見られる行動なのですが、このヨシノボリは私が見ている限りず~っと口を開けたままなのです。
 たとえ周囲に魚が一切いなくても常にこのまま。

 ずっと起こっているのか、口が戻らないのか・・・

 そうしながらも、このように巣作りは普通にこなしています。

 巣作りヨシノボリ

スポンサーサイト

テーマ:川・河・池・沼の生き物達 - ジャンル:ペット

魚類vs哺乳類
ウサギ

 ・・・いきなり哺乳類の画像で失礼しました。

 彼女はつい先月家族の一員になったウサギの「ララ」です。ホーランドロップイヤーという品種だそうです。

 先月家内が突然
 「ウサギを飼いたい!!!」
 と言い出し、あれよあれよという間にウサギからケージからもろもろ小物から一式全てが揃いました。

 私が水槽ひとつ買うのにあんなに文句言うのに・・・

 とまあグチはさておき、我がハイツと新参の茶色いケダモノとの位置関係はこんな感じ。

 水槽とケージ

 これまで競って魚に餌をやろうとしていた息子2人の関心はもっぱらウサギのほうへ。
 ・・・まぁいいさ。邪魔されることが少なくなったと思えば。
 
 
 と、先日会社から帰ると、タナゴたちが暮らす「新館」が何故か異常に濁っている!!
 病気が蔓延する「本館」とは違い、平和そのものだった新館にいったい何が!?

 底のほうを見てみると、なにやら大きな粒状のものが積もっています。

 そう、それはウサギの餌。次男(3歳)がやってくれたのです。
 彼は彼なりに、久しぶりに魚の存在を思い出し、よかれと思って餌を投入してくれたのでしょうが・・・それにしても底石がほとんど見えなくなるくらい大量です。

 とにかく出来る限り餌を掻き出し3分の2水換えを行うも、そのくらいでは濁りは取れません。

 濁った水槽

 まぁ幸いウサギの餌はほぼ100%草なので、毒にはならないでしょうが・・・

 結局1日おきに3分の1水替えを数回行い、なんとかぱっと見分からない程度にまでなりました。

 ・・・川魚とウサギ。接点などあるはずないと思っていましたが、まさかこんな形で「攻撃」を受けるとは・・・
 
 

テーマ:川・河・池・沼の生き物達 - ジャンル:ペット

copyright © 2005 川魚ハイツへようこそ!!~川魚飼育日誌~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。