川魚ハイツへようこそ!!~川魚飼育日誌~
個性豊かな日本淡水魚たちが暮らす「川魚ハイツ」。その住民たちを紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
色揚げ
 アブラボテ・ヤリタナゴ・タイリクバラタナゴに先日新たに加わったシロヒレタビラと、ハイツのタナゴがぼちぼち充実してきました。

 しかしこのタナゴたちについて一点不満があります。

 それは体色です。

 いずれのタナゴも捕獲以来婚姻色らしい婚姻色が出ず、それどころか銀色も綺麗に出ておらず、なんとなくぼやけた感じで見栄えがよくないのです。

 そこで 
 「タナゴ色揚げプロジェクト」
 を発足し、タナゴの色揚げについていろいろ調査してみました。

 まずは照明
 太陽光に当てるのが一番良いようですが、適当な置き場所がなく、それはちょっと難しい。
 ならばせめてこれまで気まぐれに照明を点けていたのを規則正しくしよう、ということでプログラムタイマーを購入。

PT24

 REVEXのPT24。
 1000円未満のお手ごろ価格が魅力。1日最大15分誤差が出るとのことですが、そのくらいどうってことありません。

 次に砂利。今白い砂利を敷いているのですが、それだとタナゴもそれに合わせて白っぽい体色になってしまうらしい。
 ということで黒い砂利を購入。

ピュアブラック

 GEXのピュアブラック。

 最後にエサ。

咲ひかり

 キョーリンの「咲ひかり金魚 艶姿」
 色揚げ効果は強力なようですが、説明書きには18℃以上推奨、消化不良や水の汚れに注意などなかなか恐ろしいことが書いています。

 さてこれで少しは変化が現われますか・・・?

テーマ:川・河・池・沼の生き物達 - ジャンル:ペット

コメント
この記事へのコメント
タナゴ
今一番色が出ているのが
カネヒラだたりすます(笑)
でもそろそろヤリタナゴの鰭も
赤くなってきてますし
良い色見せてくれるかな?
2010/03/09 (火) | URL | ryu-oumi #-[ 編集]
ryu-oumi様
カネヒラが・・・
どこかに秋を感じているんでしょうかね~(笑)
アブラボテの綺麗な重油色が出たらいいなと期待しています。
2010/03/09 (火) | URL | korpapa #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 川魚ハイツへようこそ!!~川魚飼育日誌~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。