川魚ハイツへようこそ!!~川魚飼育日誌~
個性豊かな日本淡水魚たちが暮らす「川魚ハイツ」。その住民たちを紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
水温
皆様、明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

帰省で数日家を空けましたが、魚たちは無事に留守番できていたようです。

それにしても寒い日が続きますね~。
うちのほうでも、年末珍しく雪だるまが作れるほど雪が積もりました。
そんななか、うちの玄関置き水槽は・・・

水温計1
上の段の水槽11℃!!

水温計2
下の段の水槽7℃!!

上の段はタナゴメイン。タナゴ・ムギツク・カワヒガイ・シマドジョウなどはいずれも元気。エサもしっかり食べています。

下の段はギギ&ウナギ。ギギは殆ど動かず。普段よく食べるナマズ用のエサを口元に置いても反応なし。エサのモエビも減りません。ウナギに至ってはこの1か月で一度しか姿を見ていません(前々回の記事)。多分生きているんだろうと・・・

ところで上の段の水槽と下の段の水槽、年間を通じて3℃前後水温に差があります(上のほうが高い)。
単に位置の差によるものなのか、設備の違いから生じているのか・・・?
上と下の高さの差は水槽分+α、だいたい上が胸の高さ、下がお尻の高さ。それでここまで温度に差が出るかな?
そしてろ過装置は上が上部フィルターから秋に外部フィルターに変更、下はエアリフトの底面フィルター。モーターの熱の影響ですかね・・・?

テーマ:川・河・池・沼の生き物達 - ジャンル:ペット

コメント
この記事へのコメント
”暖気は上に・寒気は下に”と言いますが、水槽上下段だけで3℃前後違いますか~。
我が家はオイカワ水槽とタナゴ水槽を寝室に設置してますが、高さは同等、場所はベランダ付近と部屋内部に設置してあります。
ベランダ付近のオイカワ水槽の方が、タナゴ水槽の水温と比べて夏は高く冬は低いです。
とは言っても最大で2℃くらいの差ですから、korpapaさんの水槽は不思議ですね~。

一度、水温計を互いに交換されてみては如何でしょうか?
それでも3℃前後の差があるならば事実ですし、下は寒く上は暖かいという事にもなりますね。(興味深々です)
2011/01/08 (土) | URL | Avant-garde #-[ 編集]
Avant-garde様
確かに水温計を交換してみる必要はありますね~。
同じ商品なのですが、個体差があるのかも・・・
2011/01/08 (土) | URL | korpapa #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 川魚ハイツへようこそ!!~川魚飼育日誌~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。