川魚ハイツへようこそ!!~川魚飼育日誌~
個性豊かな日本淡水魚たちが暮らす「川魚ハイツ」。その住民たちを紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オイカワ
オイカワ


オイカワ


名前 :及川太郎
性別 :オス
体長 :約13cm
性格 :落ち着きが無い
飼育難易度:やや難
入居期間:07年11月~09年7月

ひとこと :
「ん?いつのまにやらハイツの最古参か・・・」


オイカワはこれまで何度か飼育したことがあったのですが、長く生かせることが出来ませんでした。
餌付けは簡単なのですが、病気になったり水槽から飛び出したり(蓋はしてあるがわずかな隙間から出てしまった)木や石に衝突して怪我したり…。
しかし彼は例外。ところどころ怪我しながらも生き続け、水槽の最古参にまでなりました。
2年近く飼いましたが病気で死亡。


<オイカワ>
Zacco platypus
コイ目コイ科オイカワ属

体長:15cm

分布:
利根川水系と信濃川水系以西の本州各地、四国の吉野川水系、九州に分布し、日本以外では朝鮮半島、中国東部、台湾に分布する。ただし日本ではアユやゲンゴロウブナなど有用魚種に紛れて放流されることにより各地に広がった。

形態:
全長は15cmほどで、オスの方がメスより大きい。背中は灰青色、体側から腹側は銀白色で、体側に淡いピンクの横斑が数本入る。三角形の大きな尻びれをもち、特に成体のオスは大きい。背中の背びれの前に黄色の紡錘形の斑点がある。

繁殖期は5月-8月で、この時期のオスは顔が黒く、体側が水色、腹がピンク、尾びれを除く各ひれの前縁が赤という独特の婚姻色を発現し、顔に追星が現れる。

特徴など:
川の中流域から下流域にかけて生息するが、湖などにも生息する。カワムツなどと分布域が重複するが、オイカワのほうが水流が速く、日当たりのよい場所を好む。またカワムツに比べると水の汚れに強く、河川改修され生活排水が流れこむ都市部の河川にも生息する。食性は草食性の強い雑食性で、藻類や水草、水生昆虫や水面に落ちた小昆虫、小型甲殻類などを食べる。

テーマ:川・河・池・沼の生き物達 - ジャンル:ペット

コメント
この記事へのコメント
原因
家でも、リビングで飼育しているオイカワが、TVを見ているときに膝の上にダイブしてきたことがあります・・・死亡原因の一番は飛び出しですね。
2007/11/09 (金) | URL | ryu-oumi #-[ 編集]
うちの場合は飛び出したのにしばらく気付かず、廊下の隅で干からびていました…。
蓋の隙間もネットでふさがないといけないかもしれません。
2007/11/09 (金) | URL | korpapa #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 川魚ハイツへようこそ!!~川魚飼育日誌~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。