川魚ハイツへようこそ!!~川魚飼育日誌~
個性豊かな日本淡水魚たちが暮らす「川魚ハイツ」。その住民たちを紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コウライモロコ
?モロコ

コウライモロコ


名前 :コウちゃん
性別 :?
体長 :約5cm
性格 :チョロチョロしている
飼育難易度:易しい
入居期間:08年7月~09年7月

ひとこと :
「あ~も~忙しい!!何がって!?ええーと・・なんだっけ??」


このテの魚の種の区別は難しく、彼も本当にコウライモロコなのかどうか未だもって確信が持てません。ひょっとしたらスゴモロコかも・・・。
同居のイトモロコとは違いが歴然で、彼のほうが体がずっとスリムで色も銀ピカです。
泳層は底近く。動きは機敏で、うまくエサにありついています。
<コウライモロコ>
Squalidus chankaensis subsp
コイ目コイ科カマツカ亜科ソゴモロコ属
体長:10cm

分布:
琵琶湖淀川水系のほか、濃尾平野、和歌山県から広島県の瀬戸内側と四国の吉野川。

形態:
全長10cm程で、一対の口ひげを持つ。体色は灰白色で背部は緑がかる。体側中央には1本の太い縦条、側線より下の体側には2~3本の縞模様がそれぞれ走る。

特徴など:
比較的大きな河川の中下流域に住み、砂底や砂礫底を好む。雑食性でミジンコなどの浮遊動物、エビやユスリカなどの底生動物、巻貝などをたべる。産卵期は6~8月で、水深2~6mの砂泥底に沈性卵をばらまくようであるが、産卵生態は明らかではない。

テーマ:川・河・池・沼の生き物達 - ジャンル:ペット

コメント
この記事へのコメント
判別
実はスゴとコウライ、遺伝的にも形態的にも明確に区別できないとの発表があったようです。素人の私にはとても分りません(滋賀県は、スゴしかいないので助かります)。
2008/07/22 (火) | URL | ryu-oumi #-[ 編集]
なるほどね~、
とりあえず兵庫県産なのでコウライということにしときました。
2008/07/22 (火) | URL | korpapa #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 川魚ハイツへようこそ!!~川魚飼育日誌~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。