川魚ハイツへようこそ!!~川魚飼育日誌~
個性豊かな日本淡水魚たちが暮らす「川魚ハイツ」。その住民たちを紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リプレース
ただ今現行水槽のリプレースを検討中。

左の「物件紹介」にもあるように、今は51cm水槽2発を運用しています。
suisou

これを60cmに替えようという計画です。
先日の記事で今年の目標として「屋外大型水槽立ち上げ」を掲げていましたが(過去記事参照)、それは早くも保留扱いです。

今の水槽を買った当時はアクアリウムの知識など全くなく、当然45cmや60cmのいわゆる「規格」なぞ知る由もありませんでした。
たまたま近所のホームセンターでセット品が安く売られていたのに飛びついてしまったのです。
おかげでフタ・照明・上部フィルターなどで苦労させられるハメになりました。

ホントは一気に90cm・・・といきたいところですが、スペースの都合上60cmが限度。
まぁ60cmでも水の量は今の1.5倍くらいにはなるので、だいぶ変わるはず。

さて、今のところの機材購入計画は・・・

★水槽
60cm規格水槽。今回は見た目重視でフレームレスにしてみようと思います。曲げガラスはあまり好みではないので通常タイプで。

候補1:エーハイム EJ-60 ¥2,200(価格は基本チャー○のもの)
値段はダントツに安いですね。モノはそれなりか・・・?

候補2:テトラ GA-60T \2,770
高さが規格より少し高い40cm。今回の候補の中では唯一の6mm厚(他は5mm)。
そう考えるとコスパはNo1か?今のところこれが本命です。

候補3:コトブキ レグラスフラット F 600S \3,528
一番無難なところかな・・・
これのみ店頭で実物を見たことがあるのですが、シリコンが多くてちょっと見栄えがよろしくなかった。
まぁその分頑丈なのかもですが。

候補4:プレコ グラシアスタンダード GL-600 \7,380
価格的に手が届く範囲では一番品質が良さそう。しかし2番目に高いレグラスが2台買えてお釣りがくる・・・。

全て実物が見られればいいんですけどね・・・ネットの評判と写真で判断するしかないのです。

★水槽台
60cm上下2段タイプが条件。これは
GEX 60cm水槽用組立2段タイプ \2,550
にしようと思っています。
鉄パイプで天板の無いタイプなので、コンパネで天板を作る計画です。

あとは・・・フィルターは今のままで良いとして、必要なのは照明ですかね。今のは小型水槽用なので。


テーマ:川・河・池・沼の生き物達 - ジャンル:ペット

ようやくセッティング
さて意を決してフィルターセッティング開始。
上部フィルターを使っているタナゴメインの水槽に設置します。

エーハイ1

仕事から帰り、子どもたちを寝かしつけて夜9時30分。さてどれぐらいで完了するか・・・?

ろ過層一番下にはエーハイムメック。
エーハイ2
セットには1ℓ入っていたのですが、使うのはとりあえず半分。

続いて粗目フィルター。
エーハイ3

さらにサブストラットプロ。
エーハイ4
何気なくネットにドサッと移したのですが、なんと大量の粉が・・・
エーハイ5
ズボンと床を汚し、ヨメに怒られつつ作業を進める。

最後に細目フィルターとカーボンフィルター。
エーハイ6

これらろ材とフィルターを、深く考えずに水道水でジャブジャブ洗う。
エーハイ7

水槽に吸水パイプとシャワーパイプを設置。
エーハイ8

吸水パイプと本体をつなぐ。
エーハイ9

オーバーフローパイプを設置。
エーハイ10

排水側のホースもセット。
エーハイ11
このあと排水パイプから息を吸い込んでろ過槽内に水を呼び込む。ちょっと緊張しましたが、一瞬フッと息を吸うだけで勢いよく水が入っていきました。

さてようやくひととおりセッティング完了。
エーハイ12

さあお待ちかねの
スイッチオン!!

コオォォォォ・・・
ジャバジャバジャバジャバジャバジャバ・・・・・

おおおお!思いのほか水の勢いが!!!!強いいい!!
エーハイ13
51㎝水槽の端から端に水が飛び、水しぶきを上げます。今にも飛び出さんばかりです。

とりあえずシャワーパイプを水中に沈めておく。
エーハイ14
たぶんシャワーパイプは要らないな・・・あとで外すことにしよう。

というわけでひとまず完了!!
エーハイ15
時刻は11時30分。2時間ほどかかりました。
まぁ基本的に不器用でこういうのは苦手なんで・・・普通の人(?)ならもう少し早くできると思います。

思ったより水の勢いがあって、水槽内は結構な水流になっています。タナゴたちは嬉しそうにしています(多分)。

テーマ:川・河・池・沼の生き物達 - ジャンル:ペット

ろ材用ネット
エーハイム500に使うろ材用のネット。

とりあえずダ○ソーで使えそうなのを見繕って1つ買ってきました。

ネット1


開けてみると小さいのを選んだつもりが想像していたよりずっと大きい。それに無駄に厚みがあって頑丈な作りになっているのももっさりしてなんだか・・・という感じです。これ以外だとガーゼのように目の細かいのが多くて使えそうなのが少ない。

結局近所のペットショップでコトブキのろ材ネットを2つ買ってきました。

ネット2

そうそう、この薄くてショボい感じがやはりちょうどいい。
値段も1つ200円ほどだったのでまぁいいでしょう。

ダイ○ーのは洗濯に使ってもらうことにします。

しかしあれからまだフィルターのセットはまったくできず。
時間と気力が・・・

テーマ:川・河・池・沼の生き物達 - ジャンル:ペット

届きました
先日、自宅に宅配便が1つ届きました。

エーハイム0

中身はもちろん・・・

エーハイム2
エーハイム4

はい、外部フィルターですね。迷った挙句エーハイム500にしました。
アクアリウムをかじったからには一度は使っておかないとな~、という思いがひとつ、それとやはりパーツ類が近所のショップですぐに手に入るというのが決め手になりました。

金額が5,000円未満だと送料がかかる、というのもあって一緒にろ材も注文しました。

エーハイム3

エーハイムフィルター500専用ろ材セットで、サブストラットプロとメックが1ℓづつ入っています。

エーハイム5

ネットバックが付いているかと思いきやそれはナシ。それは別に用意しなければなりません。100円ショップの洗濯ネットでいいか・・・。

さてあとはセッティングするだけですが・・・いつできるかな??

テーマ:川・河・池・沼の生き物達 - ジャンル:ペット

外部フィルター
先日の記事に書いた「ヒーターの導入」は、とりあえず今シーズンは見送ることにしました(過去記事参照)

さて次に思案しているのは外部フィルターの導入です。
以前「今年の野望」にも書いたとおり(過去記事参照)、現在使用している上部フィルターの代替として検討しているのです。

しばらく前までは
「外部フィルターならやっぱりエーハイム!!」
と思っていたのですが、最近発売されたテトラの新製品、
「バリューエックスパワーフィルター」
も気になりだしています。

今のところエーハイムなら
「エーハイム500」、
テトラバリューエックスなら
「VX75」
が候補です。

価格は安いところでエーハイム500が4000円前後、VX75が5000円前後、といったところでしょうか。
ただしVX75はろ材セット付きで、クラス自体がエーハイム500よりひとつ上です。

コストパフォーマンスではテトラが圧倒的に優位。それにスタートアップやメンテナンスも簡単そう・・・

しかしエーハイムのネームバリューにはやはり惹かれるものがありますし、あの味のあるデザインも捨てがたい・・・。それにパーツや交換品が近所のペットショップですぐに手に入ります(バリューエックスのパーツ等は店に置いてありません)。

う~む、どちらがいいか・・・

テーマ:川・河・池・沼の生き物達 - ジャンル:ペット

ヒーター
もうすっかり秋ですね。
水槽の水温もようやく下がってきました。

さて目下のところの私の悩みは、

「水槽にヒーターを導入するか否か?」

です。

近所で捕ってきた川魚ばかりなので、冬でも基本的には大丈夫。
実際真冬で低温で安定しているときは問題なしなのです。
問題は秋と春の、水温の変動が激しい時期。
やはりこの時期に病気が発生する頻度が高いのです。
高温に保つ、というより水温の急変をなるべく抑えるためにヒーターは有効なのかな、と。

導入するとすれば温度調節可能なサーモ+ヒーターにするつもりですが、水槽2つ分では初期費用はもとより電気代もそれなりにかかってしまう・・・

「なるべく金を掛けずに飼う」
のが信条の私としては悩みどころです。

テーマ:川・河・池・沼の生き物達 - ジャンル:ペット

底面フィルター設置
底面フィルターの設置が完了しました。

底面フィルター設置

普通にエアポンプを使ったエアリフト方式です。

・・・底面フィルターって機能しているのかどうか見た目にはいまいちよく分かりませんね。

テーマ:川・河・池・沼の生き物達 - ジャンル:ペット

底面フィルター
底面フィルターを買ってきました。

底面箱

コトブキのボトムインフィルター。60cm用の3枚入りです。

底面フィルター

「底」があってボックス状なのが特徴だとか。

底面底

これを今使っているスポンジフィルター(テトラ ダブルブリラント)と交換しようと思っています。

スポンジフィルターは濾過能力にちょっと不満があったのと、狭い水槽ではちょっとかさばるのをスッキリさせたかったのが理由です。

底石には中目の大磯をチョイス。

大磯

テーマ:川・河・池・沼の生き物達 - ジャンル:ペット

色揚げ
 アブラボテ・ヤリタナゴ・タイリクバラタナゴに先日新たに加わったシロヒレタビラと、ハイツのタナゴがぼちぼち充実してきました。

 しかしこのタナゴたちについて一点不満があります。

 それは体色です。

 いずれのタナゴも捕獲以来婚姻色らしい婚姻色が出ず、それどころか銀色も綺麗に出ておらず、なんとなくぼやけた感じで見栄えがよくないのです。

 そこで 
 「タナゴ色揚げプロジェクト」
 を発足し、タナゴの色揚げについていろいろ調査してみました。

 まずは照明
 太陽光に当てるのが一番良いようですが、適当な置き場所がなく、それはちょっと難しい。
 ならばせめてこれまで気まぐれに照明を点けていたのを規則正しくしよう、ということでプログラムタイマーを購入。

PT24

 REVEXのPT24。
 1000円未満のお手ごろ価格が魅力。1日最大15分誤差が出るとのことですが、そのくらいどうってことありません。

 次に砂利。今白い砂利を敷いているのですが、それだとタナゴもそれに合わせて白っぽい体色になってしまうらしい。
 ということで黒い砂利を購入。

ピュアブラック

 GEXのピュアブラック。

 最後にエサ。

咲ひかり

 キョーリンの「咲ひかり金魚 艶姿」
 色揚げ効果は強力なようですが、説明書きには18℃以上推奨、消化不良や水の汚れに注意などなかなか恐ろしいことが書いています。

 さてこれで少しは変化が現われますか・・・?

テーマ:川・河・池・沼の生き物達 - ジャンル:ペット

ハイツ改築
 ここ1~2ヶ月飼育環境のリニューアルを行っていました。

 2台の水槽

 30cm水槽(新館)を51cm水槽に替えて、51cm×2台にしました。なぜそんな中途半端なサイズなのかというと、写真でも解るように60cmだと台からはみ出してしまうからです・・・。ちなみにどちらもテトラのセット水槽です。

<本館(上段)>
本館

 オイカワ・タモロコ・ムギツク・オヤニラミ・ギギなどがひしめきあっています。
 水槽セットに付いていた外掛けフィルターをやめて(テトラAT-50)、上部フィルター(GEXデュアルクリーンフリー)に替えました。変な規格の水槽だと選択肢が少ない・・・
 デュアルクリーンフリー


<新館(下段)>
新館

 主にタナゴの水槽になっています。
 フィルターはテトラのダブルブリラントwith水作水心。能力はともかく見た目がプロっぽくて良いです。
ダブルブリラント
水作水心


 
 
 

テーマ:川・河・池・沼の生き物達 - ジャンル:ペット

copyright © 2005 川魚ハイツへようこそ!!~川魚飼育日誌~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。